月別アーカイブ: 6月 2014

結婚式の準備と新居の購入は同時進行すると大変なことになります

主人とは職場結婚でしかも同期入社で8年も机を並べて仕事をしていましたが、当初はただの同僚で結婚を前提に付き合ったのは1年くらいでした。8年も同じ職場にいたおかげでずっと付き合っていたと誤解した同僚たちには長い春にならなくて良かったねとよくわからない祝福の言葉をもらったりしました。

主人の方は義母は既に亡くなっており義父だけだったのですが、初めて結婚のあいさつに行ったときはものすごく緊張しました。
ところが話を聞き終わった後に義父が言った言葉がなぜか「よし、家を買え」だったのです。これには私も主人も何と返事をして良いかわからずポカンとしてしまいました。

その時点で結婚式の日取りすら決まっていない状態で、新居のことなどましてや住宅を購入することなど考えてもいませんでした。よくよく話を聞いてみると主人が二男だったため結婚と同時に家を持たせるべく資金援助の準備をしていたようなのです。

とてもありがたい話だったので二つ返事で資金援助を受けることにしたまではよかったのですが、そこから結婚式場を決め、披露宴の打ち合わせ、引き出物等々を決めながら更にはモデルルーム巡りまで加わりエライことになってしまいました。

余りのやることの多さに、結婚式の準備は私、新居の下調べは主人と途中から役割分担をせざるを得なくなり、式場のブライダルサロンに私が一人で行くというかなりシュールな状況になりました。ちなみに、ブライダルエステ 口コミを参考にしてから行きました。
無事に挙式した後、式場の担当者にこのカップルは本当に大丈夫だろうかと不安になっていたと聞かされ主人と二人で苦笑いしてしまいました。

本来なら一番幸せを感じるであろう準備期間がドタバタで過ぎてしまい、ちょっとだけ残念な気もしますが今となってはいい思い出です。
ただやっぱり結婚式の準備と新居の購入は同時進行してはいけません。本当に大変ですから!

消費増税が苦にならなくなってきた

4月に入って暇になった。
そうだ、3月末までは、買いだめをするために、毎日、スーパーや薬局に足を運んできたのだから、忙しかったわけだ。
もう焦って買物をする必要もなくなった。

ただ、今月になって反省するようになった。
増税前だからと購入したり、激安の商品を買った場合、勿体ない使い方をしたり、結果的に無駄な買い物になってしまった事が多いような気がする。
例えばシャンプーは、必要な分量の倍ぐらい手のひらに押し出している。

20箱以上買い込んだチョコレートは、いつもの倍以上口に押し込んでいる。
味を楽しむというより、早く在庫を減らそうとしているみたいで、これも勿体ない。
インスタントラーメンも消費期限前に食べられないほど買い込んでしまって、捨てるかもしれない。

「しばらくは買い物を控えよう」と思っていた。
でも、久しぶりに散歩に出たら、コンビニの大きなドリップコーヒーの写真が目に入った。
横には、「税抜93円、税込100円」と書いてある。

値上げになってないんだ…。
注意して見ると、スーパーなどにも、以前と同じ値段か、それ以下の商品が結構ある。
そんな商品を探しながら買い物をするのも楽しいだろうな。

そして、買った商品は無駄に使わないように。
そんな風に考えていたら、消費増税が、あまり気にならなくなってきた。