消費増税が苦にならなくなってきた

4月に入って暇になった。
そうだ、3月末までは、買いだめをするために、毎日、スーパーや薬局に足を運んできたのだから、忙しかったわけだ。
もう焦って買物をする必要もなくなった。

ただ、今月になって反省するようになった。
増税前だからと購入したり、激安の商品を買った場合、勿体ない使い方をしたり、結果的に無駄な買い物になってしまった事が多いような気がする。
例えばシャンプーは、必要な分量の倍ぐらい手のひらに押し出している。

20箱以上買い込んだチョコレートは、いつもの倍以上口に押し込んでいる。
味を楽しむというより、早く在庫を減らそうとしているみたいで、これも勿体ない。
インスタントラーメンも消費期限前に食べられないほど買い込んでしまって、捨てるかもしれない。

「しばらくは買い物を控えよう」と思っていた。
でも、久しぶりに散歩に出たら、コンビニの大きなドリップコーヒーの写真が目に入った。
横には、「税抜93円、税込100円」と書いてある。

値上げになってないんだ…。
注意して見ると、スーパーなどにも、以前と同じ値段か、それ以下の商品が結構ある。
そんな商品を探しながら買い物をするのも楽しいだろうな。

そして、買った商品は無駄に使わないように。
そんな風に考えていたら、消費増税が、あまり気にならなくなってきた。


コメントは停止中です。