忙しい人こそ、青汁で健康生活を

何十分もトイレに篭っているのに、お腹に詰め込んだ物が一向に出てこない……そんな経験をしているのは、確実に私だけではないと思います。便秘になってしまう原因にはストレスや運動不足、便秘薬への過度の依存などが挙げられますが、やはり何といっても食生活の乱れがあるのではないでしょうか。この便利な世の中では、残業しようが三次会まで飲み明かそうが随分遅くまで外食産業が営業しています。なのでついつい、忙しさにかまけて野菜を忘れた生活に陥ってしまうのです。

けれど、それは致し方ないこととも思います。仕事や付き合いに疲れきった身体で家事までこなすのは、並大抵のことではありません。なので便秘薬にどんどん頼ってしまうのですが、やはりできれば、自力で無理なく出したいもの。そこで私は、「苦い、不味い、青臭い」のイメージが先行してずっと手を出しかねていた青汁を毎日に取り込むことにしました。
まず驚いたのは、最近の青汁は実に種類が多様で、クセの無い葉から絞っているものも随分あること。思い込んでいたよりもクセがずっと少なくて、さらりと朝食前に頂けました。それが習慣になった頃、食物繊維を豊富に含む青汁を飲み続けていたからなのでしょう、長い間悩んでいた便秘はいつの間にやら解消しておりました。

コメントは停止中です。