心の健康を考えてみる

世の中には感情の起伏が激しい人と、割と穏やかな人がいますよね。
もちろん、性別によっても差があるとは思いますが、やっぱり毎日安定して穏やかな人って、一緒にいて安心するし大人だなって感じます。

私はよく両親や姉妹から昔と比べて性格が丸くなったと言われます…。
確かに、社会人手前くらいまでは結構毎日ピリピリしていて、人に八つ当たりしたり、イライラして汚い言葉を発していたりしていました。
今思えば精神的に子供で落ち着いてなかったんだなって。
社会人になって自分に自信がつき、そして結婚してからは毎日の生活に満足しているせいかあまりイライラすることもなくなりました。

感情の起伏が激しいと、本人はそれでよくても周りに迷惑をかけることになります。周りの人が気を遣ってしまうんですね。そうすると次第にちょっと面倒な人、自己中心的な人というレッテルを貼られるようになり、周りに人が近づかなくなってしまいます。いい大人でもそういう人はいますし、逆にすごく若くても穏やかで落ち着いた子もいます。

身体の健康は時に心の健康に左右されます。
毎日の自分の行動や言葉が他人を傷つけていないか、また、自分の心や身体をも傷つけていないか、一度振り返ってみましょう。

コメントは停止中です。